この記事をシェアする

仮想通過を知ろう

どんなリスクがあるか

仮想通貨で生活をする上で一番不安が大きいのは、目に見えない貨幣ということですよね。
インターネット上のデジタル貨幣ですから自分の手持ちに残っているのかも不安です。
ネットの世界では映画でも見かけることがあるかもしれませんが他人の講座を乗っ取ったりしてお金を巻き上げる技術を持った犯罪者もいるかもしれません。
またセキュリティ面では、仮想通貨のシステッムが出来上がったばかりなので万全だとは思えませんので、どんなトラブルが起こるかも予測不能です。
こういった面ではある意味、リスクに対してどんなことが起きても動じないように常に落ち着いた方が安全です。
また、どんな対策をしたらこれらのリスクにも耐えられるかというのも常に考えた方がいいですね。

このリスクは気をつけよう

インターネット上での仮想通貨、デジタル通貨ですから、現金ではないのは当然ですね。
もし商品や交通費などを支払う時、現金ではなく仮想通貨で払おうとした時、通信障害が起こった場合どうなるのでしょうか。
想像しただけでわかると思いますが、間違いなくお金の流通面でパニックになるでしょう。
すべてデジタル貨幣で取り組んだ結果、通信障害でお金が取り出せない場合、一番頼りになるのは現金になりますね。
なので通信障害のトラブルが起きた時の対策のためにも、必ず現金も持ち歩くように心がけましょう。
そうすればいきなり通信障害になっても、すぐに支払いを行えるという対策が出来上がるのでパニックにはならなくて済むと思います。
何事も保険は必要ですね。