FXレバレッジのメリットとリスク

預金目的ではなく投資目的でFX(外国為替証拠金取引)を行う場合、「レバレッジ」という概念ははずして考えることはできないのではないでしょうか。
「レバレッジ」とは他人資本を利用して自己資本に対する利益率を高める手法で、語源は「てこ」を意味する「Lever」からきています。
この「レバレッジ」を利用することで、100,000円の自己資金で1,000,000円の取引を行うことが可能となり、取引の幅が大きく広がります。
例えば、100,000円の証拠金を業者に預けて取引を行う場ケースを想定します。100,000円の証拠金で100ドル(1ドル=100円)の取引を行った場合、1円の為替変動に伴う損益は1,000円になり、自己資金(100,000円)に対して1%の変動となります。
一方で、レバレッジを10倍にして、1,000,000円の取引を行った場合、10,000ドルの取引となり、1円の為替変動によって10,000円の損益が発生することになります。
このとき、10,000円の損益は自己資本10,000円に対して10%の割合となり、他人資本を利用した事により、自己資本に対する利益の変動率が増加したことになります。

 

「レバレッジ」を利用することで大きく儲けることができる一方、予想以上に損失を出してしまう可能性も高くなるので、初心者の場合は十分注意しながら取引を行う必要があるでしょう。

FXを進める理由ー円高の時から始めるFX関連ページ

FX会社の選び方
スワップで利益
レバレッジについて